【首相に学ぶ答弁術】西日本新聞が研究結果を発表~♪「壊れたテープレコーダー戦術」首相が最も得意とする手法←実例解説応用付き
スレッドURL: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1581282401/

1: ちーたろlove&peace ★ 2020/02/10(月) 06:06:41.71 ID:4iEV2d1d9
2020/2/9 11:00

このところ安倍晋三首相の国会答弁をテレビ中継で見ている。一国の首相だけあって、その言動から学ぶところは多い。

 私は品行方正ではない上に、何かとへまをやらかす。上司、同僚、後輩、さらに家族から(つまり四方八方から)追及を受けることもしばしばだ。そこをどうやって切り抜けるか。私は首相の答弁を分析し、そのテクニックを解明した。ここに研究結果を発表し、私同様に窮地に立たされている読者諸氏のお役に立てたいと思う次第である。

 ◇    ◇

 【実例1】(「桜を見る会の参加者を募集していたのをいつから知っていたか」と問われ)

 首相「私はですね、ま、幅広く募っているとの認識でございました。募集しているという認識ではなかったのでございます」

 【解説】言葉の定義に独特の解釈を持ち込み、相手の指摘は当たらない、と主張する技法。常識的に同じでも「違う」と言い張る度胸を必要とする。

 【応用編】
「また居眠りしてましたね。会議中ですよ」

 「私はですね、座って睡眠をとっているという認識でございました。居眠りしているという認識ではなかったのでございます」

 【実例2】(問題のある企業の元会長を招待していたかと問われ)

 首相「個人に関わる情報であるため、招待されたかどうかも含め、従来から回答を控えさせていただいているところでございます」

【解説】個人情報の保護というとても大事な原則を順守している、とのポーズで回答を拒否する技。首相は招待者名簿を廃棄した記録(ログ)を開示するよう求められ「セキュリティー上の問題」を理由に拒む荒技も使ったが、これも同系統のテクニック。

 【応用編】

 「この領収書、本当に取引先の接待ですか。相手は誰なんですか。もらった名刺を見せてください」

「個人に関わる情報であり、従来から回答を控えさせていただいているところでございます。名刺は保存期間が過ぎましたため、速やかに廃棄しました」

 【実例3】(不祥事閣僚の連続辞任について「なぜこのような事態になったのか」と問われ)

 首相「私の責任とは、国民の皆さまとお約束した政策をしっかりと前に進めていくことであろうと思うところでございます」

【解説】質問に直接答えず、一般論や持論を延々と繰り返すやり方。「壊れたテープレコーダー戦術」とも呼ばれる。首相が最も得意とする手法。

 【応用編】

 「見積もりの提出は木曜ですよね。なぜ金曜になっても出てないんですか」

 「私の責任とは、部長とお約束した見積もりをしっかりと前に進めていくことだと思っております」

 「いや、聞いてるのは、なぜか、という点で…」

「繰り返しになりますが、私の責任とは…」

   ◇    ◇

 以上、私の研究成果を惜しげもなく披露したが、やはりこのテクニックは使わない方がいい。結果的に人格を疑われ、信頼を失う弊害の方がはるかに大きいからだ。冒頭に「首相の言動に学ぶところは多い」と書いた。「反面教師として」と付け加えておこう。

 (特別論説委員・永田健)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/582753/