反日が消滅する日 売国奴リスト

反日・売国 日本を蝕む団体・個人 みんなまとめて消滅する日はいつなのか。 売国奴たちの発言リスト。

カテゴリ:その他 単発 > 若宮啓文

スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1455169132/

1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/02/11(木)14:38:52 ID:3Ps

北朝鮮が2006年に初の核実験をした直後、たまたまパリにいた私はエマニュエル・トッド氏と対談し
た。70年代にソ連の崩壊を予言したことで有名なフランスの学者だ。2002年に出した著書「帝国以
後」では米国の凋落を予告し、世界的なベストセラーになっていた。

 北朝鮮のことはよく知らないので予言できないとしつつ、核兵器を実戦配備するまでには崩壊する
のではないかと語ったが、目下はその兆しがない。いま彼の考えを聞きたいものだが、それはともか
く対談で私を驚かせたのは、彼が日本の核武装をしきりに勧めたことだ。

「核兵器は偏在こそが怖い。広島と長崎に原爆が使われたのは、米国だけが核を持っていたためだ。
米ソの冷戦時代には互いに使わなかった。インドとパキスタンも、双方が核をもってから和平のテー
ブルについた。東アジアでは、未知の北朝鮮は別として、中国だけが核保有国では安定しない。だか
ら日本も持つべきだ」という論理だった。

私は、唯一の被爆国である日本では国民の間に核への拒否反応が極めて強いと説明したが、彼はそれ
を克服しろと言う。日本の大きな構造問題は米国と中国という二つの不安定な巨大国家の存在だ。米国
はイラク戦争のように、すぐ軍事力に訴えがちだし、中国は種々の社会問題による国民の不満を「反日
ナショナリズム」によって外に向ける。中国を抑制し、米国から自立するためにも日本は核をもつべ
きで、それこそが戦争に巻き込まれるのを避ける道だというのだ。

フランスは第二次世界大戦のあと、ドゴール大統領が核の保持に踏み切った。米英の核に頼らなかっ
たのは、フランスが何度も侵略を受けてきたからだという。だが、アジア侵略の記憶が周辺国にまだ
残る日本が核をもてば悪影響は計り知れず、必ず軍拡競争を招くことだろう。私は「非核」を掲げて
核軍縮を訴え続けることこそ、日本の役割だと反論したのだが、何とも刺激的な体験だった。

さて、最近は北朝鮮の核やミサイル発射に挑発されて、韓国でも有力紙に核武装の議論を真剣に主張
するコラムが登場するなど、核保有論が頭をもたげてきたようだ。だれも北朝鮮を抑えることができ
ない現状からすれば、その気持ちも分からないではない。日本が原発のため、核兵器に転用できる高
濃縮プルトニウムを蓄積しているのに比べ、韓国はそれも認められないといういら立ちが強いのだろ
う。

だが、そのコラムに書かれたように、日本がそんな立場の違いから「隣の不運の陰でにたにたと笑っ
ている」と考えるなら大間違いだ。いかに潜在能力をもつとはいえ、核武装するとなれば米国との対
立を覚悟しなければならず、日米安保条約の存立にかかわってくる。現実の選択肢にはないといえ、
米国の核に頼るしかないのは日本も全く同じなのだ。

それどころか、いくら何でも狭い半島の中で、彼らが同胞に向けて核を使うだろうかという疑問もあ
る。南北共同で開発した核兵器が日本に打ち込まれるという空想小説が、韓国でベストセラーになっ
たこともある。むしろ一番の脅威にさらされているのは自分たちだと感じる日本は「にたにた笑う」
どころではない。いや、互いに脅威の度合いを張り合っても仕方ない。重要なことは、いまこの両国
こそが、強い脅威感と焦燥感を共有しているという事実である。


後略:そんな中、K-POPのBIGBANGが久しぶりに日本のテレビに登場。4年ぶりに日本でアルバムを出
す。深刻なニュースの中、こういう若者文化の交流が北の脅威に対する一番の力ではないか。北朝鮮
を変えるのは武力ではなく豊かさと自由への渇望だろう。

(若宮啓文 日本国際交流センター・シニアフェロー、元朝日新聞主筆)

東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/525090/1

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1431151385/

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/05/09(土)15:03:05 ID:tIr

日本国内の知韓派は、韓日政府間の葛藤より両国国民がお互いに悪い感情を抱くことを韓日関係の危機だとみている。

若宮啓文元朝日新聞主筆には5日に電話インタビューで、
小倉和男元駐韓日本大使と真鍋祐子東京大東洋文化研究所教授には韓中日3カ国協力事務局(TCS)が主催する3カ国記者団交流プログラムの一環として
先月17日に東京で会って話を聞いた。

若宮元主筆は「朴槿恵(パク・クネ)政権は努力してきたが、今はもう方向を転換する時」と助言し、
小倉元大使は「日本のナショナリズム表出は自信を失っているという意味」と診断した。
真鍋教授は「韓国に対する日本人の認識の基底には無関心がある」と伝えた。

若宮元朝日新聞主筆

安倍政権内にも韓国と関係を改善するべきだという人たちが確実にいる。韓国がきっかけさえ作れば、安倍政権は変化が可能な雰囲気だ。
しかし韓国は「責任は100%日本にあるので日本が自らすべて解決するべき」というようだ。
これは無責任であるだけでなく「韓国は日本と関係をうまく築いていく考えがない」と感じさせる。

韓国に愛情を抱く私が見ても、今の韓国の対日外交は日本人全体を敵に回している。悲しいことだ。
普通の日本人のうち安倍政権を批判する人たちも「(韓国からの)批判はもういい」「もうかまわないでほしい」というように変わっている。

韓国の原則過剰外交にぞっとしている。国の指導者は自国の未来のために勇断を下さなければいけない。
「君子は豹変す」という言葉がある。朴大統領が執権3年目を迎え、韓国の国益のために直ちに外交基調の方向を「リセット」する必要がある。

小倉元駐韓日本大使

韓中に対する日本の大衆の悪い感情が過去最高レベルにある。これは過去10-15年間、日本の経済が悪化すると同時に中国と韓国が急速に浮上し、
日本人が自信を失ったことで生じる現象だ。ナショナリズムの表出も同じだ。これは自信ではなく自信喪失の表れだ。
自信喪失をナショナリズムで突破しようとしている。国力が高まる韓国・中国がこれを理解してほしいというのが私の考えだ。

真鍋祐子東京大教授

文化人類学的な観点で日韓関係を研究すれば、韓国に対する日本人の認識の基底には無関心と関心回避がある。その裏に韓流など文化的な関心が存在する。
特に日本は戦後、国と個人のアイデンティティを分離して、ほとんど問いただす経験なくここまできた。
これに対し李明博(イ・ミョンバク)前大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)に行った当時、多くの韓流ファンが嫌韓に変わったとみる。
日本人にとって李前大統領は国を象徴する存在だったということだ。

韓流ファンは「私は熱烈に韓流スターを愛したが、李大統領、すなわち韓国が私を裏切った」と考えた。
実際、底辺には相手を自分より低く見る無意識的「日本式オリエンタリズム(帝国主義的侵略と支配を正当化する歪曲された認識と態度)」がある。
日韓関係改善の開始は、日本国民の一人一人が無意識的オリエンタリズムの構造を悟るところから始まるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000005-cnippou-kr
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000006-cnippou-kr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【朝日新聞】 若宮啓文 「(韓国と語る)日中韓は争わず『じゃんけん』の関係を」
スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399685555/

1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/10(土)10:32:35 ID:RNa277ls3
■元文化相で「『縮み』志向の日本人」の著者・李御寧さん

――李さんの著書「『縮み』志向の日本人」に驚かされたのは30年以上も前のこと。和歌や俳句から盆栽、扇子、折り詰め弁当、
トランジスタまで、一寸法師のようにものごとを縮小して開花させるのが日本文化の特性だという論理はとても新鮮でした。

はい。ところが、あのころの日本は米国の不動産を買いあさるなど、おごる日本、拡張する日本となり、歴史的に見ると日本らしく
ない時代に向かってしまった。自制力もビジョンもなくしていた。

――確かにバブル景気に浮かれてしまい、やがて破綻(はたん)しました。

豊臣秀吉は身を小さくして信長の草履を温め、他人の考えつかないサービスをして成功したでしょ。でも、だんだん大きくなり、
権力をほしいままにして最後には千利休を殺し、金ピカの茶室をつくり、そして大陸に出て行った。日本らしくないことをして失敗
したのです。平家も初心を失い、おごる平家になって失敗した。縮み志向を忘れたからです。

――縮み志向は本来、日本人がもつ遺伝的な素質だと思いますか。

生物学的なDNAではなく、memeと言われる文化遺伝子です。日本には中国から韓半島を通ってきた人が多かった。
モンゴル系民族が寒いバイカル湖畔から遠い地平線を見て東にどんどん拡張してきたが、日本にくると、もう先に行けないから
自分を考え直すようになった。そこから生まれ引き継がれたmemeが縮み志向ではないか。

以下ソース
http://www.asahi.com/articles/ASG575RWXG57UEHF013.html?iref=com_fbox_d2_01
李御寧さん
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140507004484_comm.jpg
若宮啓文さん
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140507004235_comm.jpg

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【マスコミ】元朝日新聞主筆・若宮啓文「震災で打ちひしがれた日本に韓国の人々は熱い声援を送ってくれた。私たちは今お返しをしたい。韓国よ頑張れ!」
スレッドURL: http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399521534/

1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/08(木)12:58:54 ID:nApxED7xF
何といういたましい事故、いや事件だろう。あってはならないことだった。観光船セウォル号の沈没である。

あの日、私はソウルで事故を知り、いたたまれない思いでテレビにくぎ付けになった。数日後に東京へ帰ったが、
以来この事件が日本で報じられない日はない。韓国に縁の深い隣人の一人として、私もまたつらい日々である。

さまざまな映像が伝えらるなか、激しく傾く船室で交わされた高校生たちの会話ほど、胸に迫るものはない。
「船が沈んじゃうよ」「僕たち死んじゃうのかな」「怖いよ」「お父さん、お母さん、愛しているよ」

わくわくする修学旅行が一転して悲劇のるつぼと化し、無限の可能性を秘めた若者たちの未来が消えてゆく。
その間にも「船内から動かないでください」という放送…。高校生たちの会話は、沈みゆく船の映像とともに、
韓国の悲劇として長く後世に伝えられるだろう。いや、そうしなければなるまい。

明るみに出た問題点は、これでもかというほど重なっている。

船は、なぜ屋上に客室を建て増していたのか。なぜ重量制限を無視して、信じられないほどの荷を積んで平気
だったのか。港の担当官たちがそれを見過ごしていたのはなぜか。積み荷はどうしてしっかり固定されていな
かったのか。

船長はなぜ休憩し、若い航海士に操縦を任せていたのか。船長も乗組員も、なぜ乗客をしっかり誘導しなかった
のか。「船室から出るな」と放送し続けたのは、なぜなのか。船長が率先して逃げ出すなどということが、あ
りえるのか。遭難訓練はしていなかったのか。

海洋警察などの救助があれほどもたついたのは、なぜなのか。日本などの救援を受け入れなくてよかったのか。

疑問の数々は私がここで挙げるまでもなく、韓国の中で連日詳しく論じられている。いまさら日本人から傷口に
塩を塗り込まれたくない、と思われるかもしれない。だが、私もこの気持ちをぶつけなければ、ほかのテーマに
筆が向かない。犠牲者たちに深く哀悼の意を表するとともに、韓国よ、こんな国ではないはずだろうと、心の
底から呼びかけたい。

私が初めて韓国の土を踏んだ1979年以来、この国に悲しいできごとは数々あった。市民に軍隊が銃口を向けた
光州事態。北朝鮮のテロに見舞われたラングーン事件や、大韓航空機の爆破事故。最近では哨戒艦「天安」の
爆破、そして延坪島への砲撃。その度に、この国ならではの悲劇に同情を寄せてきた。
だが、今度ばかりは違う。一発の砲弾も銃弾も飛ぶことなく、爆破装置が仕掛けられることもなかった。嵐に
見舞われたわけでも、障害物があったわけでもない。それなのに、白昼、これだけの貴重な命がみすみす奪われた。

>>2に続く

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ